MENU

  * パートの収入で審査に落ちる
  * 信用情報がないと審査に不利
  * クレヒスが悪いと審査に不利
 
おすすめ記事

  * 返済遅れが原因
  * 担保が必要になる理由
  * 自己破産歴が落ちる原因

専業主婦がカードローン審査に落ちる理由を予測!



カードローンの多重申し込みがお勧めできない理由

カードローンに申し込みをすると、申し込みの記録が個人信用情報機関に残ります。そのため、多重申し込みをしているという事実は金融機関には筒抜けになっています。多重申し込みをしていると、「この人はよほど切羽詰った状況なのだな」と警戒されてしまうため、審査で不利になります。短期間にたくさんの金融機関に申し込むと、申し込みブラックといって、しばらくはどこの金融機関にも通らなくなることがあります。申し込みの記録はおよそ6ヶ月間個人信用情報に残るので、申し込みブラックとなってしまったらおよそ6ヶ月間待つことで、再び審査に通るようになります。過去に金融事故を起こしてブラックになった人がカードローンに申し込むときは特に注意が必要です。金融機関は申し込みを受けると、申込者の個人信用情報を照会します。その時に金融事故の記録を見られてしまい、社内記録に残ってしまうからです。個人信用情報からはおよそ5年が経過すればブラックの情報は消えますが、社内記録にはいつまでも残り続けてしまいます。以上から、安易に多重申し込みをすることはお勧めできません。カードローンは1枚に絞って使い続けたほうが限度額が上がりやすく、限度額が上がれば金利も下がってお得に利用できるようになります。1社に絞って申し込みを行ないましょう。

カードローン申込時には申込書の不備に注意が必要

カードローンの申し込みでは、インターネットを使わずに申し込む場合では必ず申込書に必要事項を記入しなければなりません。必要事項は全て間違えないように記入するのが大原則であり、間違えたまま申込書をカードローン会社に送付すると、書類に不備があるという理由で審査を通過することができず、カードローンの契約まで至ることができません。申込書の記入において注意が必要な点はいくつかあります。たとえば、氏名のローマ字や振り仮名の欄がマス目で区切られている場合は、苗字と名前の間を1マスあけるなど、記入方法が指定されていることが多いので、それを守って記入しなければなりません。また、生年月日や現在の年収、他社からの借入件数と借入金額など、数字を記入しなければならない部分は正確に記入する必要があります。記入した金額と、源泉徴収票や確定申告書などに記載されている収入金額が異なっていると、申告内容に虚偽があるとして審査を通過することができないからです。書類に記入する際は事前に添付書類を取得して、その書類を見ながら記入するようにしましょう。特に専業主婦の人は他の人よりも見られる部分が多いので専業主婦カードローン相談室などで相談してから借りるのがいいかもですね。

カードローンの申し込みブラックについて

カードローンの申し込みブラックとは、ある程度の期間、申し込みをしても審査を通過しにくくなることを指します。それまでカードローンを使ったことがなかったり、支払の遅れがない状態でも、申し込みブラックになる可能性はあります。では、なぜそうなってしまうのかというと、多重申し込みが原因です。金融機関は、申し込みがあった際にその人の信用情報をチェックして、審査しています。信用情報では、「氏名」「生年月日」「郵便番号」など、いろいろなことが分かるようになっています。ですから、カードローンの申し込みブラックにならないための唯一の方法は、「短期間に多重申し込みをしない」ということです。ではどのくらいの期間が短期間なのかというと、1ヵ月の間に複数の金融機関に申し込んでいると、多重申し込みと解釈されることが多いです。そして、多重申し込みについては、一口に「何社から」とは断言できませんが、一般的には3社以上だとアウトだといえます。

カードローンの審査と年収について

カードローンの審査を受ける時に、重要になってくる事の一つに年収があります。大手メガバンクでカードローンを利用したいと考える場合等、高い方がより有利となります。消費者金融の場合、それ程高くなくても、問題はありませんが、借入が出来る限度額に影響が出てくる事になります。消費者金融でカードローン等を利用する場合、総量規制の対象となる為、借入可能な金額の上限は、年収の1/3までとなります。審査を受けて、すぐにこの上限まで借入ができるかといえばそうではなく、更に低い金額からの借入となりますが、上限によって最初の限度額に影響が出てくる事もあります。少しでも多くのお金を借りたいと考えた場合、年収を多めに申告すれば良いと考えてしまう人も少なくありませんが、審査をそれで通る事が出来たとしても、後日、虚偽の申告であった事が判明すれば、限度額を減らされる、場合によっては一括返済を迫られる等、大きな問題になってしまう可能性もあります。ですから、虚偽の申告はしない事が大切です。


© 専業主婦がカードローン審査に落ちる理由を予測! All Rights Reserved.
童話集 看護師 求人 堤幸彦監督 映画 ランキング 金融車 買取り 過払い金請求は東京へ